ヌーヴォー情報

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ
 





ヌーヴォー解禁もいよいよ来週になりました!

さて、インポーターさんからはヌーヴォー到着日の確認やら最新情報やらが入ってきております。

皆さんにお知らせしておかなければならない情報が何点かございます。


まずラ・グランド・コリーヌのヴァン・ヌーヴォー・ブランですが、シャルドネの収穫量が少なかった為、
今年はヴィオニエ主体となっています。また、ガスもほとんどないようで王冠ではなく人口コルクを使用しているそうです。

また、酸化防止剤無添加とお知らせしておりましたシリル・アロンソ・ボージョレV・ヌーヴォーPURですが瓶詰時に5mg添加を行ったそうです。

ギリギリまで収穫を遅らせ、最後に収穫を行い糖度が一番高くなり、発酵が全て終わりきらないままで、出荷の為の瓶詰めタイムリミットが来てしまい、若干ワインが不安定な状態であったため極少量入れたとのことです。



2013年は予想通り非常に遅い収穫だったので、造り手さんたちはとっても大変だったと思います。

ボジョレーでは例年は9月上旬の収穫なのが今年は9月末、人によっては10月に入った人もいるようです。

ワインはアルコールが低めのチャーミングで華やかな香りのワインになったらしいです。

9月末に収穫してアルコール潜在アルコール度数が11度強(この糖分で発酵したらアルコールが11度になりますよという糖度)という感じのようですが、多分デュ○ッフさん(皆さんがよく見かける最大の生産者)はたくさん造らなければならないからそんなに遅く収穫したら間に合わないですよね。

うーん、どうしてるのかなぁ。

足りない糖分はやっぱり補糖をたくさんしてるのかなぁ。ちなみに補糖は認められているので「偽装」じゃないですよw

一方自然派の方は、人工的な補糖を嫌い十分な糖度に上がるまで収穫を待つので補糖はしません。


で、例の良く見かけるヌーヴォーですが、ある意味、技術の粋をこらしてどんなワインができたのか結構興味津々かもしれません。早く収穫したのなら糖度は補糖で補えますが、色はちゃんと出たんでしょうか?試しに1本買って飲んでみようかなー。

なーんて、よそ様のことを言うのはやめておきましょうね!



皆さま到着をお楽しみに!!出来立てな感じ満載のワインが来るといいなー!!




スポンサーサイト

Comment

No title
>えむたん さま

コメントありがとうございます!!

今読み返すとなんか余計なこと書いてしまったような・・・f^_^;)

ごめんなさい m(_ _)m
No title
諸々含めて"楽しみ"なり♪(^^ゞ
  • 2013/11/15 13:20
  • えむたん
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)