今週の店頭試飲: ローラン・バーンワルト・エデル 11 白 と ジャン・クリストフ・ガルニエ・レ・クラヴィエール 12 赤微発泡

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ
 







*----* お店で試飲販売しています そのワインの御紹介です *----* 



1週間ぶりの更新になってしまいました、すみません・・・。



秋分の日の9/23(月)から3日間、遅い夏休みをいただき一人暮らしをしている九州の義母のところに帰省してきました。

この仕事を始めて以来、あまり帰省することができず申し訳なく思っているのですが、義母はしっかり自立した女性なので、甘えさせてもらっています。

その義母が今年の夏の暑さで体調を崩してしまいました。

西日本は本当に暑かったみたいですものね。

やっぱりいつまでも甘えてばかりではいけないなぁと思う今日この頃です。

私が楽しく暮らせていられるのも、どこかで誰かががんばってくれてるお蔭なんですよね。そんな「誰か」の皆さんに感謝感謝。(-人-)


そして、そんな意味でも(夏バテするご老人を一人でも少なくするためにも)・・・

皆さん

「ストップ温暖化」

がんばりましょう!!



今日は久々にCold Play を聞いています。ちょうど今Yellowがかかっています。この曲大好き!!



骨太なイギリス男性からすると「チャライ」バンドらしいですがw まぁ、確かに甘ーい!ちなみに、あてくしのカラオケの定番曲でもあります。





今週の店頭試飲ワインはこちらです!!




 ローラン・バーンワルト・エデル 11  白 (左)

産地:フランス/アルザス
品種:ゲヴェルツトラミネール、ピノ・グリ、シルヴァネール、オーセロワ  有機栽培


7月にご紹介したリースリングとピノ・ノワールが非常に評判の良かったローラン・バーンワルトのエデルツヴィッカーが入荷しました!!

エデルツヴィッカーだから「エデル」ですよね。

英語で「stone fruit」っていう果物のくくりがあるのですが(日本語だと「核果」っていうみたいですが、聞いたことありませんよね)、これは杏や桃のような種の中に硬い種がある果物の仲間を指します。

思わずそんな stone fruit という言葉を思い出しちゃうような、杏や桃の果実味が詰まった味わいがアルザスっぽい~!(残糖はなく辛口です。)


輝きのあるレモンイエロー。かなり発泡が見られます。
白い花、桃、杏、リンゴ、オレンジなどの華やかでフルーティな香り。
口に含むと発泡を感じるよく熟した果実味が広がります。
桃、杏、リンゴ、オレンジ、レモンなどのフルーティかつドライな果実味。酸味は比較的シャープでキリッとしています。ミネラルも感じられ、少し塩気があります。微かな苦みと酵母もニュアンスも。中間から後半にかけては熟した杏や桃の味わいがボリュームを増し、最後は酸味の残るピュアな余韻へとつながっていきます。余韻は雑味なくピュア。

抜栓した直後は「おっ!」と驚くくらいの発泡!!それだけナチュラルってことですね!

残糖は無いですがアルザスらしい杏や桃のしっかりとした果実味と泡が良い感じ!

香りにはゲヴュルツの華やかさが感じられます!

マリアージュ: 生春巻き、香菜とササミとマンゴーのサラダ、キムチ鍋、ちゃんこ鍋、鯖の味噌煮、カレイの煮つけ、生カキ、八宝菜

詳しくはコチラから!




 ジャン・クリストフ・ガルニエ・レ・クラヴィエール  12  赤微発泡 (右)

産地:フランス/ロワール 
品種: ガメイ、ピノ・ドニス 有機栽培

去年この前のヴィンテージが入ってきた時にインポーターさんが

「正直あまり人に知られたくないワイン」

とコメントされていましたね!!

2012年はガメイの収穫量が少なかったため、ピノドニスをブレンドしています。11年は残糖がありましたが、12年はほぼドライ。とてもチャーミングでフレッシュな微発泡赤ワインです!!

あるお客さまから「このお店らしい味わいですね。」って言われました!なんか嬉しい~!!

メインラベルには、自らの尾を呑み込む蛇「ウロボロス」が描かれていますが、これは最も古い文明のシンボルのひとつとされ、創造、輪廻転生や無限などの象徴とされているそうです。

明るい赤色。(やや濃いめのピンク?)
イチゴ、ウメなどのナチュラルな香り。
口に含むと細かい泡が広がり、素晴らしく爽やかでフレッシュ、そして軽やかな味わい。
イチゴ、ウメ、サクランボなどのフレッシュかつドライな果実味。酸味は活き活きとフレッシュ。タンニンは少し感じる程度。爽やかなアタックから優しいイチゴの果実味がじんわり広がってきて、ウメやプラムのような旨みが全体をしめます。余韻はナチュラルでピュア。

生ワインなニュアンスたっぷりのナチュラルワイン!!

爽やかでフレッシュで優しく軽やか!!開けたては酵母のニュアンスが強いですが、次第に果実味が開いてとってもチャーミングな味わいになっていきます!

こういうナチュラルさがクセになるんですよね!!

マリアージュ: トマトのパスタ、ラタトゥイユ、リエット、寄せ鍋、キッシュ、ニース風サラダ、ポテトグラタン

詳しくはコチラから!





スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)