FC2ブログ

今週の店頭試飲: グレゴワール・ペロン・シナプス 11 白微泡 と カンティーネ・ヴァルパーネ・フレイザ 07 赤

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ
 



*----* お店で試飲販売しています そのワインの御紹介です *----*


本日分のネタバレは控えておきます。

さて、昨日はちょっとだけビックリしてしまいましたが、実際これが良いガス抜きになったら良いんじゃないかなと思っています。

えっ、何のことか?ですか?もちろん、昨日の高橋大輔選手の演技の話です。いや、私が落ち込んでいるんじゃないかと心配してくださってる方もいらっしゃるかと思って~。

全然大丈夫ですよ!

今シーズンは若手の台頭もあり、シーズン始めの靴の不具合もあり(今回も靴がからんでいるようですが)、色々追い詰められたり、自分を追い込んだり大変だったんじゃないでしょうか。年が明けても、SP変更とアイスショーとスケジュールが詰まっていて、ギリギリのところで回ってきた歯車に微妙にズレが出て、ここで大きく外れてしまった感じじゃないかと思います。(彼は外見からチャラく見られることもありますが、真面目過ぎるくらい真面目な選手なんですよ。)

しかし、昨年末の全日本では、全てが整えば彼こそが世界最高の演技ができる選手だということを証明しているわけですから、何も焦ることはありません。あとは1ヶ月後の世界選手権にピークが来るように調整して上げていけばいいわけです。

また、彼はよく芸術性の高い選手と言われますが、芸術を表現するには自分自身の中にも人間としての弱さや繊細さ、苦悩を内在させていないとならないと思います。だから、スポーツマンとしてはある意味宿命を背負っている、というと大袈裟ですが、いつその弱さや繊細さが顔を出すかという危うさがあるのかもしれません。

その昔はメンタルの弱さから「ガラスのハート」とマスコミから揶揄された彼ですが、今はスポーツマンらしい強靭なメンタルを成長させてきましたけれどもね。

まぁファンとしてはそういうところ込みでファンなわけで、彼を素晴らしいスケーターだと信じる思いは揺らぎようがないわけで、結局は「どんまい!次がんばろうっ!」ってなるだけなんです。


っていうか、私もがんばらないとねっ!!!!



今週の店頭試飲ワインはこちらです!!




グレゴワール・ペロン・シナプス 11 白微泡 (左)

産地:フランス/サヴォワ
品種:ジャケール 100% 有機栽培

皆さんの大好物、濁り系白の微発泡!!SO2無添加、極辛口の微発泡です。

ジャケールなんて品種は初めてです!品種の世界は奥がふかーーい!

グレゴワール・ペロンが営むドメーヌ・ド・ラ・コンブ・オー・レーヴは、栽培面積は、賃貸のブドウ畑を含めてもたった1.9haという小さな小さなドメーヌです。

軽く濁った薄いイエロー。
リンゴ、青リンゴ、桃、洋ナシ、白い花、酵母などの爽やかでナチュラルな香り。
口に含むと酵母の旨みとフレッシュで極ドライな果実味のハーモニーが広がります。泡は細かく柔らかい。
青リンゴ、洋ナシなどの極辛口なフレッシュな果実味。酸味はバランスよくフレッシュで、酵母の味わいが味わいに厚みを与えています。ほんの微かに感じられる苦みがさらなる爽やかさを演出。余韻は素晴らしくナチュラル。

体の細胞に何の抵抗もなくすぅぅーーーっと染み込むナチュラル感がたまりません!!

極辛口の爽やかな果実味の後から、酵母の味わいがじんわり広がってきます。アルコール度数は10.5%なので、危うくジュース替わりに飲んでしまいそうな予感!

ぬくぬくの部屋でいただくお鍋のお供にピッタリだな!

マリアージュ: 湯豆腐、ちゃんこ鍋、寄せ鍋、グリーンサラダ、シェーブルチーズのサラダ、ホタテのカルパッチョ、チーズフォンデュ

詳しくはコチラから!



カンティーネ・ヴァルパーネ・カノーネ・インヴェルソ・モンフェッラート・フレイザ 07 赤 (右)

産地:イタリア/ピエモンテ
品種:フレイザ100% 有機栽培

名前長っ!!

今週はバレンタインデーということで、チョコにも合うワインとして選んでみました。実は先日試飲会でこのワインを飲んだ時「チョコに合う!!」ってピンときたんです。


でも、今回は珍しい品種特集みたいです。ジャケールは飲んだことなかったかもですが、フレイザはありました。でもほとんど見かけないですよね。

ピエモンテのブドウ品種と言ったら、赤ならネッビオーロ(バローロの品種)、バルベーラ、ドルチェットなどが有名ですよね。

このフレイザは、一説にはネッビオ―ロの変形品種とも言われているそうです。確かにプチ・バローロ的な面影があるような気がします!

この造り手さんはどんな品種もその個性を大切にしたいとブレンドしないで、彼らのキャラクターを前面に表現しています。

濃いめの赤。
ダークチェリー、いちじく、プルーン、甘いリキュール、ヨウド、スパイス、漢方、土などの甘く複雑な香り。微かに揮発酸を感じます。
口に含むとミネラリーかつ複雑な果実味の後からしっかりとしたタンニンが顔を出します。
ダークチェリー、プルーン、イチジクなどの上品な甘さの残るやや落ち着いた果実味。
酸味も滑らかで美しい。豊かなタンニンはアタックは口当たり良いですが、後から存在感を主張してきます。
ミネラル、スパイス、ヨウドや海草の旨み、土などの要素も感じられとても複雑な味わい。またそれが5年の熟成を経て調和したベストな状態です。余韻はピュアで美しい。

このお値段でこれだけ複雑な味わいを持った正統派ってなかなかないと思います!!

ミネラリーなクールなエレガンスも魅力的、さすがピエモンテの風格!今まさに飲み頃です!

マリアージュ: ステーキ、ローストビーフ、牛肉のワイン煮込み、牛タンのシチュー、鴨のロースト、パスタ・ボロネーゼ

詳しくはコチラから!

店頭試飲大好評により初回入荷分は完売となりました。水曜にから再出荷可能の予定です!




きのうの夜は

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ



きのうの夜は・・・・


ライブハウスに行ってフレンチロックを鑑賞してきました。




なんちゃって、うっそー。

ギターを弾いていらっしゃる方は、あのジュラの人気生産者フィリップ・ボールナールさんです。 今来日されていらっしゃっていて、昨晩は来日記念パーティがあったので、ちょっとお店を早仕舞いして行ってしまいました。

彼の素晴らしいワインをたくさん飲めてものすごく幸せでした~~!!素敵なパーティを企画してくださったインポーターさんありがとう。

彼のワインは本当に生産量が少ないそうで(ものによっては何百本なんだとか!)、だからこの広い世界の中で出会えただけでもすごく幸せな奇跡なのかもしれません!!

明日以降HPにUPしますので是非是非幸せな出会いを楽しんでみてください。(本当は前もって用意しておいて、「こ れ を !!」って言うべきなんでしょうね・・。相変わらず呑気ですみません。)



なんか西城秀樹、じゃなかった、ミック・ジャガーに似てらっしゃいますね。

あっ、髪型がですよ。ふふふ。



本日からの新しい店頭試飲ワインをご紹介します!!


■ グレゴワール・ペロン・シナプス 11 白微泡 ¥2,650(税込)

皆さんの大好物濁り系ペティアン!!極々ドライな味わいです。サヴォワのジャケールという品種100%。体に染み入るナチュラルさが魅力!


■ カンティーネ・ヴァルパーネ・カノーネ・インヴェルソ・モンフェッラート・フレイザ 07 赤  ¥2,370(税込)

実は先日試飲会でこのワインを飲んだ時、「チョコに合う!!」ってピンときたんです!だってバレンタインデーですものね。この価格とは思えない複雑さもあり、今バッチリ飲み頃!こちらもフレイザという珍しいピエモンテの品種です。


皆様のご来店をお待ちしております!!






ニュース色々

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ


 デキャンター.comを見ていたら、ちょっと気になる記事が二つあったので簡単にご紹介します。


Organics chief slams Bettane and Desseauve

http://www.decanter.com/news/wine-news/530817/organics-chief-slams-bettane-and-desseauve

ベタンヌとドゥソーヴと言えばフランスの有名なワイン雑誌 ルヴ・ド・ヴァン・ド・フランス 及び 評価本 ギド・アシェットを主宰していた二人で(今は違います)、フランスでは権威ある評論家ですよね。

その二人の書いたエッセイに対し、オーガニック団体のリーダーが「根本的な誤解」があるといいうことで抗議をしたという話。

抗議が行われたのは、彼らがテール・ド・ヴァンという雑誌に寄稿した「‘100 organic or nearly organic wines’ (‘100 bios ou toute comme’), 」という記事と、そろをフォローアップした彼らのブログだそうです。

「オーガニック、もしくはほとんどオーガニックの100のワイン」となるわけですが、確かに専門家が「ほとんどオーガニック」という表現をなさるのはいかがなものかと。

オーガニックは規定がキチンとあるものですから、オーガニックか、もしくはオーガニックでないかの2択しかないというのが団体の主張で、オーガニックワインとナチュラルワインは全く異なるカテゴリーであるとのこと。

ところで、フランスではナチュラルワイン= Vin Nature と言ったら、酸化防止剤は全く使っていないワインじゃなくちゃダメだという話を聞いたのですが本当かな?先日のパピーユのHPとか見てるとどうもそうみたいな気がします。

そうすると日本の自然派ワインっていうくくりとはだいぶ相違が出てきますよね。

明日インポーターさんに会うから聞いてみようっと。教えてもらったらまた皆さんにお教えしますね。




もう一つの記事はこちら。


200 Beaujolais properties 'to close' says French media

http://www.decanter.com/news/wine-news/530830/200-beaujolais-properties-to-close-says-french-media

フランスの一部のメディアは、2012年収穫減によりボージョレでは200に近いドメーヌが閉鎖になるのではないかと報じているそうです。

しかし、現地団体のインター・ボージョレによれば約50くらいであろうとのことですが、それでも50のドメーヌが救済できないほどの状況に陥っているのです。

頑張れボージョレ!!







2013 Bonne année Paris!! その5

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:旅行
JUGEMテーマ:グルメ


急にパリ行きを決めたので、年末で忙しい中ほとんど下調べなどはする暇はなかったのですが、一応現地情報に詳しいインポーターさん達におススメのレストランがあったら教えてくださいとお願いしました。(忙しいのにご回答ありがとうございました。)


そして、お返事をくださった方全員がおススメされたのがこちらのレストラン。

Vivant (ヴィヴァン)

43 rue des petites écuries - 75010 PARIS
http://www.vivantparis.com/

http://www.despres.jp/paris/2011/11/111129paris.html
http://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g187147-d2432252-Reviews-Vivant-Paris_Ile_de_France.html

人気の自然派レストランだったラシーヌの元オーナーが開いたレストランだそうです。名前は聞いたことありましたが、そんなにおススメなら行ってみないと!!

でも、この日はレストランはまだお休み中とのことだったのですが、隣のワインバー兼カーヴはやっているということで行ってみました。

駅からは徒歩5分強かかります。結構離れてますね。

7時開店とほぼ同時に入店。だ、誰もいない・・・。ちょっと緊張しながら「一人なんですが」というと、「Alone?」 「Alone?」と2回も聞かれてしまいました。一瞬 「Alone じゃ悪いかよ」と毒を吐きたくなりましたが、大人な私は笑顔で「Yes, alone.」 とお返事しました。 




ステキな店内。実際スタッフもとーーっても気さくで感じの良い方たちでしたよ。アローンな私に気を使ってくれて、たまに声をかけてくださったりしました。

頼んだのはブーダン・ノワール。



暗すぎてわからないーー。

なぜかブーダンが小口切りにされ、マッシュポテトでグラタン化されていました。サラダが非常に美味しかったです。さすが厳選のお野菜だけあるわ!!



この日はワインはグラスで1杯だけ。美味しかったです!!



帰る頃にはボチボチ満席な雰囲気。

看板も出てないんですよね。看板出さないの流行ってるのかな。(他にもあったので)ウチも看板ないし、お店の名前も書いてないし、ひょっとしてパリ風なのかも~。ふふ。

帰りは30分くらいかかりましたが、ホテルまで歩いて帰りました。まだ8時過ぎではありますが、全然怖くありませんでした。パリの治安よくなったのかな。



クリスマスモードが残っているのか、冬中こうなのかは不明です。





お疲れ様でした!!!



今週の店頭試飲: ブノワ・クロー・エグランタン・ロゼ08 ロゼ微泡 と イル・カンチェッリエレ・ ジョヴィアーノ 08 赤

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ



*----* お店で試飲販売しています そのワインの御紹介です *----*


この辺りで地震が頻発していたのでひょっとして大きな地震がくるかもと心配していたら、北海道にきてしまいました。

被害にあわれた方には心からお見舞いを申し上げます。停電とかは大丈夫なのでしょうか?寒い冬の北海道での地震ですから、大変ですよね。くれぐれもご用心ください。



さて、今回旅のお供だったのがこれ。



お供と言ってもこちらから持って行ったのではなく、パリのスーパーで買ったのですがボチボチ美味しい気がしてホテルの部屋で一日に何杯も飲んでしまいました。

なので勢いで3箱くらい買ってきちゃったんですけど、これが不思議、日本で飲むとなんか普通のインスタントコーヒーな感じなんです。がっかりー。

やっぱり気分の問題でしょうか。それとも水の問題?所詮インスタントコーヒーですけどね。




今週の店頭試飲ワインはこちらです!!




ブノワ・クロー・エグランタン・ロゼ08 ロゼ微泡 (左)

産地:フランス/ロワール
品種:グロロー50%、カベルネ・フラン50% 有機栽培

6月にご紹介したブノワ・クローの優しい微発泡の白、プティ・シュマンは大好評でしたね。

インポーターさん変更に伴う特価が出たので、これはお得!って仕入れてみたら、新しいインポーターさんの正規価格とあまり変わらなかった件・・・。

でも、どちらにしても120%納得のコスパです!!逆にこういうペティアンで年数が経ってるのってあまりないから面白いかもしれません!!



美しいサーモンピンク。泡は細かく4年目のペティアンとして予想した以上にありました。
フレッシュなイチゴ、ラズベリー、桃、微かにハーブやスパイスを感じるフレッシュでチャーミングな香り。
口に含むと柔らかく細かな泡が広がり、残糖の無いのドライで爽やかな味わいが広がります。
フレッシュなイチゴ、ラズベリー、桃などのフレッシュかつドライな果実味。
酸味は活き活きと豊かで、タンニンも感じます。
アタックのイチゴのフレッシュでチャーミングな味わいから、豊かな旨みを持った多面的な味わいへと変化。少し漢方のようなスパイスのニュアンスと微かな苦みがあるので、少しだけカンパリを思い起こさせます。余韻はピュアでフレッシュ。

雑味なくとてもキレイな味わいです!!

このキレイさが4年の歳月で磨かれたんだと思うんですよね!味わい的にはマゼルのロゼ・ペティアンに似たスタイルの気がします。

このお値段では大満足のペティアンです!!

マリアージュ: シェーブるチーズのサラダ、ニース風サラダ、ルッコラとパルミジャーノのサラダ、ホタテのカルパッチョ、ラタトゥイユ、棒棒鶏、豆乳鍋

詳しくはコチラから!


イル・カンチェッリエレ・ ジョヴィアーノ 08 赤 (右)

産地:イタリア/カンパーニャ
品種:アリアニコ100% 有機栽培

ナポリを有するイタリア・カンパーニャ州。カンパーニャのワインって、弊店では初登場かもしれません。多分、アリアニコも初登場です!アリアニコは南伊を代表する高級ワイン、タウラージの品種ですね。

今回このワインをご紹介するにあたってたアリアニコについて少し調べたのですが、アリアニコって通常の収穫が10月中旬~11月という、とてつもない晩熟な品種なんですって!!

知らなかった~!!黒ブドウでそんなに遅いの他に知りません。(品種の数は限りないので、他にもあるかもしれませんが。)

イル・カンチェッリエレのロマーノ家は、モンテマラーノ村で1800 年代半ばからブドウとワインを生産してきた一家です。2005 年から、カンティーナ・ジャルディーノのアントニオ・デ・グルットラのアドバイスを受けて自家ボトリング゙を開始しました。(カンティーナ・ジャルディーノにブドウを納入してもいます。)

カシス、ブルーベリー、チェリー、赤い花、ハーブ、スパイス、ヨーグルト、インク、シダーなどのナチュラルで力強い香り。
口に含むと豊かなタンニンを含んだナチュラルでパワフルな味わいが広がります。
ブドウ、ブルーベリー、チェリーなどのフレッシュな果実味。
ヨーグルトのような乳酸の風味を感じる酸味は豊か。タンニンもアリアニコらしく豊富に含まれていますが、口当たりは良い。
ブドウそのもののようなナチュラルでミルキーな果実味が、口の中でインクやシダーなどを感じるパワフルな赤ワインの味わいへと変化していきます。余韻はナチュラルでタンニンが残ります。

ブドウを何の作為もなく、シンプルにワインにしましたー!!というナチュラルさが魅力です。

ブドウ果汁の美味しさがストレートに伝わってくる素朴で飾らない美味しさなんですよね!

確かにタンニンはガッツリ含まれているのですが、ブドウのまんまの味わいなのでそれも全然気にならないのです。

でも、ワイン単体で飲むよりは、カジュアルなお食事と一緒に召し上がった方が何十倍も魅力的なワインだとは思います!!

マリアージュ: ピザ、トマトのパスタ、BBQ、焼き肉、ステーキ、ハンバーグ、酢豚、豚の角煮、スペアリブ、ラムの香草焼き

詳しくはコチラから!





クレープの日

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ



お客さまとネコ話してたら遅くなってしまいました~。ネコちゃんがご病気なんですって。早くよくなると良いですね。


今日は異常に暖かい一日でしたね。風が生暖かいって感じでちょっと気持ち悪かったです。最近この辺りが震源地の地震も多いし、なんかやだなー。



さて、本日2/2はフランスではクレープを食べる日なんだそうです。

http://www.newsdigest.fr/newsfr/blogs/blog/5526-2013-01-29.html
「こんにちわ。少しずつ日が長くなってきたパリです。もうすぐ日本では節分ですね。
節分の前日、2月2日(今週の土曜日)はシャンドラー、Chandeleurと呼ばれる日で、フランスではクレープを食べる風習があります。」

私も昨日この記事を読むまで知らなかったんですけどw

昨日この記事を読んだ時は、「よし!ウチも明日はクレープにしよう!」と思ったのですが、おウチに帰ったらすっかりクレープ種を仕込むのを忘れてしまいました。

だから明日恵方巻きの代わりにクレープご飯にしようかな。クレープで具を巻いて、フランス風恵方巻きっていうのも良いかもしれません!

これ、我ながらグッドアイデアかもー!!


そして、クレープを食べるならお供は絶対シードルです!!

ここ白井辺りでは、「チーズと干し草の味がするシードル」としてすっかり有名になっておりますフォール・マネルのアルジルちゃん。

再入荷しておりますので是非是非!超美味しいですよ!1回飲んだら絶対忘れられないです!



フォール・マネル・シードル・デュ・フォール・マネル・アルジル 11 白泡



そういえば、明後日の立春には中国では春餅を食べるんですよね。確か春餅ってクレープみたいなやつですよね。

同じような時期にフランスと中国でクレープを食べる日があるというのは面白いですね!




本日からの新しい店頭試飲ワインをご紹介します!!


■ ブノワ・クロー・エグランティーヌ・ロゼ 08 ロゼ微泡 ¥2,210(税込)

可憐な香りと旨みが軸となる力強い味わい!全くの辛口ペティアンです!!


■ イル・カンチェッリエレ・ジョヴィアーノ 08 赤 ¥2,260(税込)

ブドウをそのまーんまワインにした全く作為の感じられない超素直なワイン!


おっ、両方とも2008だった!もちろん両方とも美味しいです!

皆様のご来店をお待ちしております!!