ワインボトルを使ったお正月のお花!!

JUGEMテーマ:グルメ


昨日 お店にお正月のお花[:鏡もち:]を活けました。
花器には、ワインの空きボトルを使ってみました~[:ラッキー:][:ラッキー:]

1229flower1

実はお花屋さんに行ったところ、大王松が安かったんですよ。
大王松というのは、↑この松葉の超長いゴージャスな松のこと。
見た目はとってもモダンでカッコイイのですが、活けるとなるとバランスが悪くて結構大変なんですよね。
しかし、大変と知りつつも、安さに惹かれてついつい大王松を買って来てしまいました。
むむー、さてどうやって活けようかな~[:しょんぼり:] と考えていた時思いついたのがこのアイデア!

ワインのボトルにたっぷりお水を入れて、大王松をさせば安定するはずと思い、やってみたところ、イエーイ!![:グッド:]
お花にもワインのボトルを使い遠近感を利用して動きを出してみました。

皆さんも、こんなワインボトルの再利用はいかがですか???

1229flower2

スポンサーサイト

ジャケ買いじゃありませんよー (笑)

JUGEMテーマ:グルメ


Yay!!とってもキュート!
1226bornard&origine
(左)ボールナール/コート・デュ・ジュラ・レ・シャサーニュ 05


(右)クロ・ド・ロリジンヌ/キュヴェ・ロリジナル05


どうですか~。とっても可愛くないですか~??
まぁ右の方は"可愛い"と言うよりは、クール???[:たらーっ:]


えっ?「ジャケ買いならぬ、ラベル買いしたんだろ?」ってですか?

いえいえ、このワイン達はお味の方も物凄いんですから![:グッド:]

左のワインはサヴァニャンから造られたジュラのワイン。
酸化はさせておらず、ピュアなサヴァニャンのポテンシャルを認識させてくれる、力強くて複雑、ミネラル溢れる、そしてとっても印象的なワインです。一度飲んだら夢に出てきそうな味わい???ははは。
↑あっ、全然キワモノでは無いです。非常に美味しく印象深いワインだということです。

私的には、ラベルのキツネちゃんがウチのネコちゃん[:猫:] に似ているような気がしてツボなのですが・・・。ハハハ。[:わーい:]


右のワインはマカブー、ミュスカ・プティ・グランから造られたルーションのワイン。
な、な、なーーーんと、このマカブーは樹齢108年というから驚き桃の木山椒の木なのです!![:びっくり:] (えっ、なんか寒い?)

生産者曰く「マカブーは100年を超える樹齢によって最高のぶどうが得られる」そうで(って普通そんなんありませんってー[:ふぅ~ん:] )、確かに清冽さを感じるボディの中に色々な要素が詰まっています。すっごいリッチーー!みたいな感じでは無いのですが奥の深さが迫ってくる、言うなれば「むむー、オヌシやるのー」的ワイン???[:たらーっ:][:たらーっ:]
わけが分からなくなってきましたが(トホホ)、とても美味しいんです!


こんなに美味しくて、見かけもキュートなワイン!
贈り物にいかがですか!?[:拍手:][:拍手:]



メリー・クリスマス!!

JUGEMテーマ:グルメ


[:ツリー:][:ブーツ:][:リース:] Merry Christmas [:ツリー:][:ブーツ:][:リース:]

今日はクリスマスイブ!皆様 いかがお過ごしでしょうか?
ウチはと言えば、昨日 早々とチキンとケーキを食べてしまったので、今日は通常モードです。ははは。
ワインはユエのヴーヴレイ・ブリュット1999を開けました。
上質のシャンパーニュにも全く引けをとらない風格溢れるエレガントな味わいでした。泡がとってもとっても美しいのが印象的でしたー。スパークリングワインのお手本のような繊細で小さな泡が連なってグラスを上っていく様を見ているだけでもウットリ~。[:ラブラブ:]
デザートのビュッシュ・ド・ノエルまでこのユエで楽しみました。
チョコレートとのマリアージュもバッチグーでしたよー。[:ケーキ2:]



さてさて、遅くなりましたが、今週の試飲アイテムを一応御紹介します・・・。[:しょんぼり:]

週末試飲1224_1

左は前に御紹介したヴェイユー・ブラン

リュック・デュマンジュ・トゥーレーヌ・ロゼ・ブリュット・キュヴェ・ポーリーヌ (中)
クリスマスに、華やかなロゼのスパークリングはいかがかなーということで、ロワール生まれの辛口ロゼを御紹介。イースト、イチゴなどのちょっとチャーミングな香りですが、口に含むとキリッとしたコクのある辛口。程よいタンニンが効いて、チキンに良く合いそうですね。でもすっごい辛口なんですけど、中間にはイチゴジャム的な味わいが微かに感じられところが面白いです。

ラファージュ・エル・マセット(右)
(まだホームページにアップ出来ていません。すみません。。。[:しょんぼり:] )
ルーションの素晴らしさ感じさせてくれるワインです。
ルーションは最近注目の生産地。豊なミネラルを含む大地と樹齢の古い土着の品種が育つ理想的なテロワールを持ったこの土地に関心が寄せられています。

このワインも樹齢70年のグルナッシュを主体に造られており、収穫量を抑えたリッチでフレッシュな果実味にルーションらしいミネラル感が素晴らしいバランスを作り出しており、果実味溢れる味わいですが、余韻は爽やかなんですね。
店頭試飲でもとっても好評でした~~![:グッド:]

残念な結果・・・・と美味しいワイン!!

JUGEMテーマ:グルメ


ちょっと遅くなりましたが、フィギュアスケートグランプリファイナル 高橋選手残念でしたねー。
夜中にフリーのリザルトとプロトコル(得点の詳細を表したもの)を見た時には、もういっそのこと非行に走ろうかと思ってしまいましたが [:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:] 、「まぁこれもスポーツ、こういうこともあるよね・・・」と納得することができました。金メダルはちょっとだけお預けということで。
高橋選手自身も気持ちを切り替えて早くも頑張っていらっしゃる様子ですので、全日本、世界選手権では力を出し切って欲しいと思います。
浅田選手のフリーは感動的でした。テレビを見た時には、私も貰い泣きですよ~~っ!! [:悲しい:][:悲しい:] 男子顔負けのあのジャンプ構成は、ただただ驚くばかり・・・。あれで4回転マスターしちゃったら、マジで男子の試合で優勝できるかも・・・・!? [:楽しい:][:楽しい:]
Yu-Na選手との戦いはソチ(2014オリンピック開催地)まで続くんでしょうね~~。長いっ!二人の成長が楽しみです。怪我無く、お互いに高めあっていけるといいですね。
中野選手もちょっとミスはありましたが、世界の舞台で3Aを決める素晴らしい演技。全日本に向けて頑張って欲しいです。 [:拍手:][:拍手:]



さて、スケートの話はホドホドに。

日曜日には、高橋選手の優勝を祝ってまたまたアルザスのクレマン(スパークリング)を開けようかと思っていたのですが(NHK杯でもシャンパーニュ開けちゃった [:ラブ:] )、ちょっとお祝いという気分でも無くなってしまったので、急遽 アルザスのの白ワインを開けました。

そしたら、これが美味しいかったんですよー!!!イヒヒヒ~。 [:ときめき:][:ときめき:][:ときめき:]

そのワインは?と申しますと、私がただ今大注目中の生産者ガングランジェのアルザス・グランクリュ・ゲヴュルツトラミネール・シュタイネール05。
1217ガングランジュ

結構 この生産者に惚れてます [:ラブラブ:][:ラブラブ:]


この生産者には、すごいポテンシャルを感じるんですよね。今はちょっと荒削りで力があっちゃこっちゃに発散されている感じなんだけど。ワイン界のミラクル真央??? ハハハハ。[:楽しい:]

お料理は(なんちゃって)シュークルート。豚のほほ肉をいただいたので、2日程塩漬けにして、圧力鍋で40分ほど煮込みました。ゲヴュルツとの相性も良く、自分で言うのもなんですが、美味しかったです~~。
071217シュークルート

やっぱり、盛り付けが・・・。[:たらーっ:]
人参 踊ってるし。[:ムニョムニョ:]




あ、あと、テレビ○日さん、スポーツの放送はスポーツマン精神に則って行なって欲しいと思います。来年はよろしくお願いします!!!


ちょっと、いや、かなり変なヤツ・・・ でも理屈抜きに美味しいんです!!!

JUGEMテーマ:グルメ


うふふふ~。[:ラッキー:] 嬉しいな~。[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:]

あっ、高橋選手(←フィギュアスケート)がSP1位発進したことじゃないですよ。
(もちろん、それはとーーーっても嬉しいですけど。)

タイトルでも御紹介した[:ラブラブ:] 一目惚ワイン [:ラブラブ:] マゼル・ロゼ・ペルラン06を店頭で試飲販売したら、大好評で入荷分完売しちゃったんです~~。

皆さんにも気に入っていただけて、とーーーっても嬉しいです!!
やっぱり、美味しさには理屈は要らないんです。美味しいものは美味しいんですねー!!

と言うわけで、現在 マゼル・ロゼ・ペルラン06は完売ですが、とりあえず御紹介します。
来週半ばには再入荷すると思いますので、よろしくお願いしま~~す[:グッド:]
↓右側のワインです~
週末試飲1215_1

キャトルフィーユ・コート・デュ・ローヌ・フレシア・ブラン 06 白 (左)

弊店でも赤ワインが人気の有機栽培を実践する生産者 シャトー・キャトル・フィーユ。そのキャトルフィーユが南フランスならではの白ブドウ品種4種を旨くブレンドし、とてもバランスの良いワインを造りました。ブールブーランの爽やかさ、グルナッシュ・ブランの果実味、ヴィオニエの華やかな香り、マルサンヌの骨格がそれぞれ生きる味わいですねー。

洋ナシ、みかん、レモン、リンゴの蜜、スパイス、お茶などのしっかりした香り。口に含むと、とてもフルーティですが、酸味がしっかりあります。熟したリンゴ、洋ナシ、レモン、オレンジ、ハーブなどの味わい。すごくフルーティなんだけど、どことなく水のような自然な感じもあり、キレの良い辛口な余韻が魅力です。

マリアージュ: アクアパッツァ、ニース風サラダ、白身魚のハーブソテー


マゼル・ロゼ・ペルラン 06 ロゼ (右)

ソムリエさんなら、
「えーカリニャン100%のロゼ~。マジ~!?」
とつっこむことでしょう。(←とーーーーっても珍しいから!)

でも生産者 ジェラルド・ウスリックの答えはきっと・・・

「そんなの関係ねぇ!」

ははは。(失礼しました。[:たらーっ:][:たらーっ:] )

でも、本当にウンチク抜きに素直に「美味しい!!」と叫びたくなるワインなのです。

インポーターさんの試飲会に行った時、一緒に行ったソムリエールのお友達とこのワインを試飲して、思わず「美味しーい」と叫び、顔を見合わせてしまったワイン。その時このワインはまだ輸入されていなかったのですが、日本に到着したらすぐに販売しよう!と心にきめた一目惚れワインなのです。

マゼルのジェラルド・ウスリックは、自然派ワインの伝道師のジャック・ネオポールやマルセル・ラピエールと出会い、1998年より本格的に元詰めを開始し、現在 有機栽培を実践し、野生酵母で発酵させ、亜硫酸を使わない自然なワイン造りを行っています。

自然派ワインとして、とても美しい出来に驚きました。聞けば、衛生面にも非常に気を使い、醸造もフレッシュさ保つため低温(10℃)で7ヶ月もかけて醸造を行なっているとのこと。このとてつもなく素直な味わいの奥に、そういうこだわりがあるんですねー。

いやー、カリニャンがこんなにチャーミングになるとはいやー感動ですねー。

ロゼとしては薄めの色合い。微かに濁っています。イチゴ、柿、ハーブ、ハチミツ、鰹節、リンゴ、バラなどのチャーミングな香り。
口に含むと、タンニンも少しあり、軽く残糖を感じ、とてもフルーティでフレッシュな印象ですが、同時に旨みを凝縮感がたーーっぷり。飲み込んだ後、鼻に抜けるバラの花やスパイスの香りにウットリです。酸化防止剤無添加。軽く発泡しています。
クリスマスのチキンやおせちに良く合いそうな味わいです。

※コルクではなく、王冠です。写真の手前に置いてあるもの。中にプラスチックの突起がついているので、また蓋として利用できます。

マリアージュ: おせち、ローストチキン、ちらし寿司、鶏のから揚げ


ロボットソムリエ 誕生????

JUGEMテーマ:グルメ


ギネスも初認定「ロボットソムリエ」…産学で共同開発(12/13)

三重大学と民間企業が共同開発した
"ワインボトルを手のセンサーにかざすと、銘柄や原料のブドウの種類などを判別できる。"
というロボットがギネスブックに世界初のロボットソムリエとして認定されたというもの。

ほーーー。[:豚:]

食品に含まれる成分によって吸収する赤外線の波長が異なることに着目し、様々な波長を当てて種類を見分ける赤外線センサーの開発に成功したんだそうです。

"銘柄を判別できる"という部分にかなり引っかかりますが [:ふぅ~ん:] 、面白いですね。

私 理系ではないので、専門的なことは全くわかりませんが、残糖分や酸度、タンニンの含有量、品種などが赤外線でで分かるのなら、なんとなく味の予想がつくかもしれません。

このロボットをワインショップに持っていって、次々とショップに並べてあるボトルをチェックしていったら面白そう!!お店の人には嫌がられそうですが・・・。[:たらーっ:][:たらーっ:]
(モチロン ウチのお店はOKですよん。[:あっかんべー:])

ロボットもいいですが、前から思っていたんですけど、トリュフ犬ならぬ
「ワイン犬」 [:犬:][:犬:][:犬:]
って無理かなー??

人の何万倍も嗅覚の優れているという犬なら、コルクの隙間から微かに立ち昇るワインの香りを検知できるのではないでしょうか?

自分の好きなワインのにおいの傾向を覚えさえ、ワインショップに連れて行って、似たにおいを放つボトルを特定させるのです!!!

「ここ掘れワンワン」ならぬ「これ買えワンワン」です。


もしくは、状態の良くないワインのにおいを覚えさせ、
「これ買うなワンワン」
というのも。

ははは。[:楽しい:][:楽しい:]


子犬の時から、一緒にワインを楽しめば、夢ではないかもしれません!!!

アジアのワインマーケット:世界のワイン消費国 トップ10に中国が。でも実は・・・

JUGEMテーマ:グルメ


Vinexpoの調査によると、世界のワイン消費国 トップ10に中国が入ったそうですねー。[:見る:]
同じくロシアもトップ10入り。おー、シャンパーニュ、ボルドー、ブルゴーニュなどの有名産地のワインの価格上昇の一因ではと噂されていたワイン新興国がトップ10入りなんですね。

えっ、じゃあ日本は??というと、どうもトップ10には入っていない模様です。
ちなみに1位はフランス、2位はイタリア、3位アメリカ、4位ドイツ、5位イギリス、
以下はアルゼンチン、スペイン、ロシア、ルーマニア、中国という順位。

スペインが低いのに驚き。ワインをガブガブ飲んでいそうなイメージですが・・・。(すみません [:汗:] )ワイン以外のものを飲んでいらっしゃるのでしょうか?

話をアジアに戻します。
Decanter.comの記事によれば、アジア全体の消費量のうち、中国・香港が62.7%、次いで日本が28%を占めるそうです。

うーん、なんだか腑に落ちない・・・。[:しょんぼり:] 素直に納得できない数字です。日本ってそんなに世界のワインマーケットに占める位置は低いの???

気になって眠れなくなるといけないので、ちょっと調べてみました。
そしたらなーるほど!! モヤモヤが晴れました~。

実は今でも日本は、ワイン輸入国としてはアジアで一位なんですね。

ナント、中国は消費量の約98%は中国産のワインだそうです。
(えーっ [:びっくり:] 、中国ってそんなにワインを作ってるの?と別な意味の驚きですが。)そして消費量の80%は低アルコールの赤ワインとのこと。(←???)
まぁとにかく2011年までにはワイン消費量70%の伸びが予測され、輸入量に関しても2000年以来150%の伸びを示しているというから、驚くべき成長率ではあります。

韓国もワイン市場が急速に拡大しているそうで、輸入国としてはアジア2位。

そう、この中で日本だけ市場の低迷が続いているのですね。クスンクスン [:悲しい:] [:悲しい:]
がんばらねば!!! [:楽しい:] [:楽しい:]

greatwall

中国のワイン
"長城(Greatwall)"
一回だけ飲んだことあります

一周年記念フェア 開催中!!!ババーンとシャトーヌフ・デュ・パプなのだ!!!

JUGEMテーマ:グルメ


*----* 毎週末 お店で試飲販売しています そのワインの御紹介です *----*

お陰様で開店一周年を迎えました~~[:拍手:][:拍手:]
こんな私がなんとか一年間やってこられたのは、温かく素晴らしいお客様のお陰です。本当に本当にありがとうございました!!![:楽しい:][:楽しい:][:楽しい:]

(あっ、あと優しい旦那様お陰です。へへ。 [:ウィンク:] )


私がワインにはまった、ひいてはワインショップを開くに至った要因のひとつがシャトーヌフ・デュ・パプというAOCとの出会い。

昔々ススメられたワインを口にしたところ、理屈なんか関係なく、ただただ本能的に、無条件に
「うまいっっっ!!!」
とトロけそうなほど感動してしまったのです。

「このワインは何ていうワインなんですか?!」
と興奮しながら聞いてみると、
「シャトーヌフ・デュ・パプですよ」
という答え。

それまで、ワインの勉強もしたりしていわゆる"良いワイン"と言われるワインも少しは飲んできましたが、いつも「うーん、このワインはこれこれこうだから、良いワインっていうんだろうなー」みたいに考えないと美味しいと思えないことも多くて・・・。(まぁ、若すぎるボルドーやブルゴーニュを飲んでたので、仕方ないと思いますが。)だから、シャトーヌフの無条件な美味しさは、目からウロコ体験だったのです。


それ以来、私はシャトーヌフ・デュ・パプの虜、いやいやワインの虜になってしまったのです。

なので、今回はババーンとシャトーヌフ・デュ・パプを試飲します。一つは今飲んで超美味しいシャトーヌフ、そしてもう一つはシャトーヌフの生産者が造る素晴らしいコート・デュ・ローヌ。あっ、赤ワインばかりではなんなので、"今年一"のクレマン(スパークリングワイン)も御紹介します!!


週末試飲1208_1

長いので・・・


Read more...

ちょっと遅くなりましたが(汗)・・・、優勝おめでとーー!!



高橋 大輔選手、いやいや、大ちゃん!! 優勝オメデトーございます!!![:拍手:][:拍手:][:拍手:]

素晴らしい!感動しました!!
LPロメオ&ジュリエットでは、またかるーく神様降りてきてましたねー。[:ひらめき:]
(SPでは、神様が降りるタイミングをちょっと間違えて、一人前の人に降りちゃったみたいでしたけど・・・トホホ [:ムニョムニョ:] )
クワッド(4回転ジャンプ)の失敗は残念でしたが、ジャンプのクオリティ、ステップのスピードと切れ、音楽の表現など、その後の演技は感動的に素晴らしかったと思います。

あぁ、なんと頼もしくなられたことか・・・・。おばさんはとっても嬉しいです。[:悲しい:][:悲しい:]
本当に彼は自分をしっかり持った素晴らしい選手になりましたね。情熱と冷静さを兼ね備えたアスリートです。でも、それは辛い辛い時期を乗り越えて来たからこそ、天性の才能の上に、ぶれない確固たる価値観、意識を持つようになれたのだと思います。(ちょっとだけ、昔のハラハラ、ドキドキが懐かしいような気もしてしまいますが・・・。ごめんなさい。へへ [:イヒヒ:] )

21歳の青年の姿を見て、やっぱりおばさんも(←私っ)もっと頑張らなくては!!!!と思いを新たにした週末でございました。

大ちゃんの優勝にかこつけて、シャンパーニュを開けました。
爽やかでエレガントだけど、何気にコクもしっかりある美味しいシャンパーニュでしたよーーん。[:わーい:][:わーい:]

1206Champange

お隣はお友達のNY土産にもらった"TRUFFLE SALT"(トリュフ塩)。結構はまってまーす。


PS.
大ちゃん、TBCのCMに出演決定。でも大ちゃんは北京オリンピックじゃないのにねー。バンクーバー冬季オリンピックですよん。[:雪:][:雪:] まっいいか~~[:パクッ:]



ガブ飲みしたってダイジョブさ!超お手頃なヴァン・ムスー と おー力強くなってる!なレッド・ピフ 再入荷

JUGEMテーマ:グルメ


*----* 毎週末 お店で試飲販売しています そのワインの御紹介です *----*

師走がやってきました~。
お店を開店してもうすぐ1年。月並みですが、時が経つのは早いですね。[:猫2:][:猫2:]

来週末は開店一周年フェアを開催予定!お楽しみに~!![:グッド:]


週末試飲1201_1

バロン・ド・ロートベルグ 白スパークリング(左)
なんと1本1,200円のスパークリング。
これでクリスマスに酒飲みのお友達がどんなにやってきても大丈夫。
心から「どーぞ、気にせず沢山飲んでね~」って言えますよ!
ふふふ。[:ウィンク:][:ウィンク:]

私もだた安いだけのワインは仕入れたくありません。
では、何故このワインを仕入れたかというと、それは・・・・

美味しかったからです!!

グレープフルーツ、桃、オレンジなどのフルーティな香り。口に含むと、爽やかでフルーティな辛口。でも結構コクもありますよん。泡もきめ細かく、口当たりが優しいです。コーラなどの刺激的な泡が苦手な私には嬉しいんですよね。

もちろん、シャンパーニュ方式ではありません。
シャルマ方式では、ボトルの中で1本1本 瓶内発酵をさせるシャンパーニュ方式とは違って、タンクで2次発酵を行うやり方。コストを下げて、沢山のスパークリングワインを造ることができるのです。

大勢でガブガブ飲みたい時、気軽にお鍋とスパークリングワインで楽しみたい時、色々な場面で重宝しそうなスパークです!!

マリアージュ:ちらし寿司、生春巻き、キムチ鍋


ヴィヌメンティス・レッド・ピフ 06(右)
久々の再登場、ヴィヌメンティスです。
おおーー、力強くなっている!!
同じヴィンテージですが、前に比べて濃厚さが増しているようですねー。
前に飲んだ時はそうは思わなかったのですが(なんか癒し系だったので)、やっぱりリショーによく似てますねぇ。(ヴィヌメンティスのヤン・ロエルさんはマルセル・リショーの醸造家でもあった方です。)
余韻にピリッとくるような(?)、しっかりしたミネラル感がいいですなーーー[:グッド:]

カシス、ラズベリー、ハーブ、リコリス、そしてミネラルの豊かな香り。
口に含むとしっかりとしたフレッシュな酸とリッチな果実味、ミネラル、ノンフィルターらしい酵母の感じなどなどが、とても良いバランスを生み出しています。ゴクンと飲んだときに鼻に抜けるハーブの感じがいいですね。

あー、羊が食べたくなってきた!もしくは美味しいシェーブルチーズ!!!
と、食いしん坊な私の食欲をそそる良いワインであります!!!

マリアージュ: バーベキュー、ジンギスカン、子羊のグリル、チンジャオロース