2017年 お正月の思ひ出 in スペイン バスク その5





急に思い出したように再開する私w


なんと2ヶ月もほっぽらかししてしまいましたね。えへへ。すみません。

以前の記事はこちらの旅行のカテゴリをご参照くださいませ。
http://grenache.blog.fc2.com/blog-category-13.html

ビルバオの夜のお話で終わってましたね。
翌日は昼過ぎにはサン セバスチャンに出発する予定。

旦那さまと相談した結果、出発の時間までの間に昨日死ぬほど美味しかった
ホセリートの生ハムとラムの串焼きピンチョ モルーノを食べにいこうということになりました。

ビルバオ市内は乗り物使わずに歩けます。(#^.^#)
お散歩がてら歩いていくことにしました。

1701 Spain 61

1701 Spain 62
こちらは有名な流線型の美しいデザインのスビスリ橋。

1701 Spain 64
このクラシックな建物の裏にあの美味しい生ハムの店、
ラ・ビーニャ・デル・エンサンチェがあります。

でも、行ったら閉まってたんですー。。゜(゜´Д`゜)゜。
そう、この日はスペインの祝日だったのです。

もう1回食べたかった。。。(´・ω・‘)ショボーン

ま、祝日だから仕方ないよね。
気を取り直してピンチョ モルーノのお店を目指して歩きました。

ピンチョ モルーノのお店ことカフェ・イルーニャは営業していましたε-(´∀`*)ホッ

の で す が、ラムを焼いているおじさまがいなーーーーい!!。゜(゜´Д`゜)゜。

確かに朝からラムの串焼きを食べようというお客さんは少ないか。。
残念ですが、お腹も空いたので普通のピンチョスをいただきました。

1701 Spain 65

1701 Spain 66

でも、やっぱりもう1回食べたかったなぁ。。。。゜(゜´Д`゜)゜。



名残惜しいですが、もうサン セバスチャンに向かう時間です。

ホテルに預けてあった荷物をピックアップし、トラムに乗りました。
トラムは街の周囲を囲むように走っています。
切符は乗り場の自動券売機で簡単に買えます。

1701 Spain 67

名前はすっかり忘れてしまったけどw、ナントカという駅で降りれば、
サン セバスチャンへのバスが出るバスターミナルはすぐ目の前です。

1701 Spain 68

電光掲示板みたいなのに出発予定のバスの行先が表示されています。
切符の販売窓口はバス会社ごと。
クレジットカードで買いたい場合は、券売機を使ってくれと言われたな。



そ し て・・・

1701 Spain 69

快適なバスの旅で、ピューッとサン セバスチャンに到着しました!
ついたらいきなりこんな美しい風景!!


今回の旅では、賛否両論色々あるみたいですが、初めてAirbnbを利用してみました。

借りたのはサン セバスチャンを流れる川沿いのアパートの1室。
とても素敵なお部屋でした!!

ただ、もし滞在中にアパートが火事になったらちゃんと逃げられたかしら?とか、
泥棒に入られたら?とか、色々考えると不安な点があるのもわかります。

ホテル業界の方たちには大きな打撃だろうしなぁ。。。


でも、今回の滞在に関して言えば、
とても気持ちよく快適なものでした!!

こちらが借りたお部屋です!!

1701 Spain 01
めっちゃステキなリビング その1!!

1701 Spain 02
めっちゃステキなリビング その2!!

1701 Spain 03
めっちゃステキなリビング その3!!

1701 Spain 04
こちらは寝室~。

1701 Spain 05
キッチンも快適です!

1701 Spain 06

1701 Spain 07
パンやおやつ、牛乳にワインまでも用意してくれていました。
コーヒーはネスプレッソのようなマシン完備。

お風呂もバスタブ付きでした。(#^.^#)


でも、なんといってもこのお部屋の一番は、
最高の眺めのベランダです!!

1701 Spain 09
向こうに見える小さな山の手前がサン セバスチャンの中心街。
歩いても10分くらいです。

1701 Spain 08
1月でしたが、バルコニーのテーブルでお茶を飲めるくらいの暖かさでした。(#^.^#)

オーナーさんはとても親切な方で、
帰りの日はビアリッツ空港の朝とても早い便に乗らなければならないので、
タクシーのことを相談したら、
予約してくださった上に、値段交渉までしておいてくれました!!

ありがたいー。 ヾ(〃^∇^)ノ

その方が「冬に来てよかったですよ。夏は物凄い人であふれてるから」と。

しかし、この晩のバルの混み方は尋常じゃなかったんですけど。。

じゃあ、夏ってどんだけ・・・・。|ω・`)



つづく~~。




スポンサーサイト

2017年 お正月の思ひ出 in スペイン バスク その4




前の記事をご覧になりたい方は、右のカテゴリ一覧の
「トラベル」をクリックしてくださいね!!


(写真を貼るだけの手抜きな旅行記になりさがってすみません。。。|ω・`) )


この日の夜は先ほど下見に訪れたビルバオ旧市街のバルに挑戦です!!

まずはこちら!!

1701 Spain 53

Gure Toki
http://www.guretoki.com/

1701 Spain 54

オサレ~な感じ!(#^.^#)
この日は翌日が祝日だったので、たくさんの人で賑わっていました。
カウンターの場所取りが大変。。(;^_^A アセアセ

1701 Spain 55

1701 Spain 56

モダ~ンな感じの手の凝ったピンチョスたちの揃ったバルでした。


ここで旦那さまが胃の変調を訴え始めました。。。

ええええ。(つД`)ノ


とりあえず頑張ってもう1軒行くことに。

ガーリックの効いたマッシュルームが美味しいとどこかでよんだこのバル。

1701 Spain 57

Bar Motrikes

1701 Spain 58

1701 Spain 59

あのマッシュルームをいただくのです!!(((o(*゚▽゚*)o)))

1701 Spain 60

キターーーー!!

こちらのお店はちょっと暗めのディープな感じ。
働いてるお兄さんたちもハードロックなTシャツ着てたり。( *´艸‘)´艸‘)クスクス


残念ながら、いよいよ旦那さまが調子悪そうなので、
この日はここでギブアップ。(´・ω・‘)ショボーン

明日は良くなるといいなぁ。




2017年 お正月の思ひ出 in スペイン バスク その4




これまでの記事をご覧になりたい方は、右のカテゴリ一覧の
「トラベル」をクリックしてくださいね!!

(写真を貼るだけの手抜きな旅行記になりさがってすみません。。。|ω・`) )


1701 Spain 11

結局夜までまたずにまたこちら(ラ・ビーニャ)に来てしまいました。(;^_^A アセアセ
(まぁ他にやることもなかったともいう。。)

朝の生ハムサンドみたいなのじゃなくて、
生ハムをがっつり食べるぞ!!!という意気込みで注文したのがこちらです。

1701 Spain 33

思わず旦那さまと「こんなにハムばっかり食べられないよー」
と顔を見合わせたのですが・・・

1701 Spain 34

食べ始めたら、もう止まらないのです。
ペロリと完食してしまいました。
だって、腰を抜かすほど美味しいんですもの!!O(≧▽≦)O

クレア トラベルさまのおっしゃった通り
「世界で一番美味しいハム」でございました。(((o(*゚▽゚*)o)))

1701 Spain 35

お昼も過ぎたし、こんどはグラスワインをオーダー。
お店の方はとっても忙しそうだから、
種類とか銘柄とかしょぼい英語で色々尋ねる勇気はありません。(;^_^A アセアセ
なので出されたワインをありがたくいただきました。

1701 Spain 36

朝はやっぱり「朝のバル」って感じでしたが、昼はだいぶにぎやかな様子の店内です。



ペロリとたいらげてしまった世界一美味しい生ハム。
もっと食べたーい、でも今はもうお腹一杯で食べれなーい。

でも大丈夫!!(←吉高ちゃん風にw)

実はこのラ・ビーニャのお隣は、
同じ系列のお店で、生ハムやアンチョビなどを販売しているのです。

1701 Spain 37

お店に入り、お隣で食べた生ハムが超絶美味しかったんだけど、
買えますか?と聞いてみると大丈夫とのこと。

おじさん、足1本出してきて、これなら300ユーロ(確か)って言ってたかなー。
一瞬 「5万円くらいじゃん!」って思って目が輝きましたが ( ☆∀☆)
さすがに色々大変そうだからあきらめて、
スライスしたものを真空パックしてもらいました。(;´∀`)

1701 Spain 38

ちなみにこのラ・ビーニャで出しているホセリート社のハムは日本にも輸入されていて、
検索すると食べられるお店も出てきますね。

本当にあれと同じくらい美味しいのかなぁ。
今度行ってみようかな。(#^.^#)

こちらがホセリート社のホームページ。
スクロールしたら出てくる豚ちゃんが立派!!
https://www.joselito.com/




1701 Spain 39

お腹もいっぱいになり、
夜にバル巡りをしようと思っている旧市街の下見に向かいました。

1701 Spain 40

趣がある旧市街を散策。

1701 Spain 41

まだクリスマスの飾りが残っています。

1701 Spain 42

ぷーんと怪しい香りが漂ってきた方向をたどると
そこは塩ダラ屋さんでした。

今回の旅は美味しい塩ダラを入手できなかったのが、すっごい心残りです。(´・ω・‘)ショボーン


1701 Spain 43

1701 Spain 44

旧市街から戻ってくると、何かパレードが始まりそうな雰囲気です。

1701 Spain 45

何か始まった!

1701 Spain 46

1701 Spain 47

あれ、後ろにいるのひょっとして・・・・

1701 Spain 48

「ピカーーーッ」

1701 Spain 49

雪!
そして続くのは・・・・

1701 Spain 50

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

1701 Spain 51

雪をまき散らしていましたよ。ごいすー。

こんな山車が延々と続くパレードでした。
沿道の皆さんがとても楽しそうに見物してらっしゃいました。

そういえば、この翌日は国の祭日だったんですよね。
クリスマスの終わり的なパレードだったのかなぁ。

1701 Spain 52

今回ビルバオで利用したのはメルキュールホテル。
アコーホテルズのサイトで予約したら、ナントカドットコムとかエクスナントカのサイトより
良い部屋が安く予約できました。

旅の豆知識にどうぞ!!o(^▽^)o



2017年 お正月の思ひ出 in スペイン バスク その3



その1とその2をご覧になりたい方は、右のカテゴリ一覧の
「トラベル」をクリックしてくださいね!!

(写真を貼るだけの手抜きな旅行記になりさがってすみません。。。|ω・`) )



グッゲンハイム美術館は内部も建築としてすごく凝っていたし、
ちょうど私の好きな画家さんたちの時代の展示をしていたので、
楽しく見学することができました。

さて、お腹も空いたので次に向かったのは、
美味しい羊の串焼き、ピンチョ モルーノで有名らしいこちらのバル。

カフェ・イルーニャ
Café IRUÑA

http://www.cafeirunabilbao.net/

1701 Spain 31
グッゲンハイム美術館から歩いて20分くらいかなぁ。

1701 Spain 26
レストランスペースとバルスペースに分かれていて、
さらにピンチョ モルーノは他のピンチョスをは別で
この焼き手のおじさまの前に並んで購入します。

横の窓のポスターに書いてあるとおり1本 2.5ユーロです。

1701 Spain 27
お昼過ぎくらいに行ったと思いますが、5,6人並んでいました。
超元気なスペインのお姉さんがやってきて、たぶん
「並んで買うの?あなた並んでるの?
じゃああなたの後ろ私だからとっておいてね!すぐもどるから!!!」
というようなことをまくしたててお店を出て行ったんだけど、
結局戻ってきませんでしたw

別に全然いいんだけど、少しは気になるから
あまり適当なことお願いしないでくださいw

焼きあがった串をこのソース?お汁?にいったん浸してから
パンと一緒にお皿にのせてくれます。

1701 Spain 28
めっちゃ柔らかくてめっちゃ美味しかったー!!
味付けはお塩とクミンとターメリックとかそんな感じです。(#^.^#)

焼き手のおじさまも面白い方で、
焼いてる途中で暇な時には、パンをこういう風に肉になでつけて食べるんだ とか
こっちのテーブルが空いたからこっちに座れ とか
FBで写真アップしてたら、そんなもの(スマホ)を見てないで二人で会話しろ とか (全部多分w)
色々絡んできてくれて楽しかったです。( *´艸‘)´艸‘)クスクス

そうそう、ここはこのカフェの無料wifiがあります。
だから美味しい写真はあげ放題!!賢い戦略ですね。

1701 Spain 29
店内も雰囲気があって良い感じです~。

1701 Spain 30
生ハムと生ハムとキノコのピンチョスを追加。
でも、ピンチョ モルーノをお代わりしておけばよかった。(´;ω;‘)
翌日の午前中に食べに来たらおじさんいなくて、焼いてなかったんですもの。

その2に書いたラ・ビーニャ・デル・エンサンチェの生ハムと、
このカフェ イルーニャのピンチョ モルーノを食べるために
もう1回ビルバオに行きたいって思うほど美味しかったです。(((o(*゚▽゚*)o)))

この2軒は本当におススメです!!(*´∀`)b

おじさんありがとう!!!



1701 Spain 32
これもビルバオの名物現代建築の一つのナントカ図書館。
全面ガラス張りで各国の言葉が書いてあるんですが

雪のあかるさ家いつばいのしづけさ

ってちょっと微妙な日本語・・・ |ω・`) ショボーーン


2017年 お正月の思ひ出 in スペイン バスク その2




そういえば、前回はどこにいつ、なんで旅行に行ったのか3W的な最初の説明を
まったくすっ飛ばしてしまいましたね。(;^_^A アセアセ


料理通信という雑誌があるじゃないですか。
確か創刊何号目かに
スペイン サン・セバスチャンの特集があったのです。

その記事に「ココまるで天国なんですけど!!」といたく感銘を受けた私は、
いつの日がサン・セバスチャンに行こうと心に決めたのでありました。

その後も何度か海外旅行に行く機会があったのですが、
やっぱりワインの産地を優先してしまいなかなか実現せず。
ようやくこのお正月に実現の運びとなりました。(#^.^#)

本当はフランチバスクからスペインバスクへ入って、
時間が合えば最近個人的に興味がそそられている
カオールやその他のシュドウエストの造り手さんたちのところに
よれたらなぁなんという構想もあったのですが、
行ってみたかったフレンチバスクのレストランはどれも冬季休業中で諦めましした。(´・ω・`)ショボーン

なので、パリから直接スペイン ビルバオに飛んで、
旅が始まったという次第です!!


(説明が短くまとめられなくてすみません。。( ;∀;) )


それではビルバオ到着翌日の朝からスタートです!!



今回の旅、死ぬほど食べることになるだろうから、
朝は毎日ジョギングしようとジョギングシューズを持ってきたのですが、
スペインの冬の朝は8時くらいでもとても暗くて、
一人でジョギングするのはちょっと怖くて断念しました。(´・ω・`)ショボーン

さて、まず朝食を食べに向かったのは、
クレアの記事でも大きく紹介されていたこちらのバル!!

ラ・ビーニャ・デル・エンサンチェ
La Viña del Ensanche


こちらはクレアトラベルの記事です!
http://crea.bunshun.jp/articles/-/7979
記事から抜粋
「はっきり言おう。バスクで巡った15軒ほどのバルの中で、
ここがナンバー1だ。1927年創業、ビルバオでは最古参だ。
「世界で一番美味しいハム」といわれるホセリートのハムを
使うようになったバルとしてはスペイン初。」

むむ、こんなこと書かれたら行かないわけにはいきません!!

1701 Spain 11

1701 Spain 14

朝の店内はワインで生ハム!って雰囲気はなく、
皆 簡単なサンドイッチとコーヒーという感じです。

朝から来るんじゃなかったw (;・∀・)

1701 Spain 12

でも、すでにこのサンドイッチのハムが死ぬほど美味しいんですけど!ヤバーイ!(((o(*゚▽゚*)o)))

そして基本のこちらを追加。(#^.^#)

1701 Spain 13

ジャガイモのトルティージャです。

また、あとで来ようねということになり、
とりあえず退出しました。


次はこちらのサンドイッチ屋さん。

1701 Spain 15

Bar El Eme


どこかですごい人気のサンドイッチ屋さんと書かれていたのですが、
ちょっと普通な感じだったかなぁ。|ω・`)

1701 Spain 16
こんな風にソース的なものに浸したパンのサンドイッチをちょくちょく見ました。
スペイン風なのかな?

1701 Spain 17
お国変わればなんでしょうけれど、
このプレゼンテーションは日本人的には正直ちょっと引きますよね。(;^_^A アセアセ


ビルバオはここはパリですよと言われてもわからない
典型的なヨーロッパの古く美しい街並みが広がっています。
あまりスペインっぽかったり、バスクっぽかったりもしない気がします。
(ってスペインっぽい街並みというのもよくわかりませんが。)

1701 Spain 20

そんなビルバオですが、現在 歩いてまわれるくらいの広さの街の随所に
目を引くアーティスティックなモダン建築見られることでも有名です。

サンドイッチ屋さんを出てすぐにあったこちらは、
見かけは古い建物なのですが中はこんな風になっていました。

1701 Spain 18

分かります?
吹き抜けの高い天井の上がプールなんです。
泳いでいる人影が見えますね!

1701 Spain 19


そしてそんなビルバオ一の建築物といったらなんといってもこちら!!

ビルバオ・グッゲンハイム美術館
1701 Spain 21
ピッカピカやでー。(*^^*)

1701 Spain 22
今は冬だからお花があまり咲いていませんが、
春になったらお花でいっぱいの幸せなワンコになるんだもん!!

1701 Spain 23
ピッカピカの曲面美やでー。

1701 Spain 24
クモの右側には川が流れ、川沿いには綺麗に整備された遊歩道が
旧市街の方まで続いています。
旧市街まで歩いても20~30分位だと思うので、気持ちの良い散歩道です。o(^▽^)o


つづく!!